HOME>>国際結婚記事>>どんな中国人女性と結婚したら幸せになれるのか

どんな中国人女性と結婚したら幸せになれるのか

目次:

  • 一、国際結婚夫婦にとっての「幸せ」の定義は人それぞれ
  • 二、どんな中国人女性と結婚すれば幸せになりますか?
    • 1.恋をする前にお互いの文化を勉強し、お互いを理解しあう
    • 2.二人のコミュニケーションを円滑にし、お互いを尊敬し合う。信頼関係を築き、感謝の気持ちを抱く。
    • 3.国際結婚の夫婦円満の秘訣と良い妻の特徴
      • コミュニケーションできる中国女性と交流し、信頼関係を築くこと
      • 素養がある中国女性と共感すること
      • 料理や家事、子育てや親孝行ができる中国女性
  • 三、国際結婚相談所として、当社の責任


一、国際結婚夫婦にとっての「幸せ」の定義は人それぞれ

「どんな中国人女性と結婚するのは幸せになれるか」を聞かれると、まず「幸せ」の定義を知るため、私は当会の
国際結婚のご夫婦にアンケートを行いました。
男性会員様はそれぞれの個人状況が違いますので、「幸せ」の定義も変わります。

つまり、幸せの定義は人それぞれです。その人の心が決まるものです。

弊社がサポートした結婚生活を2~10年経った日本人男性にアンケートをし、4人の会員様に尋ねた結果を以下の通りにまとめました。

国際結婚ご夫婦A組:

国際結婚夫婦経験談日本男性Aさん(夫)日本男性Aさん(夫):”毎日つらい仕事をしていますが、毎日夜8時に帰宅して妻と2歳の娘と夕食を楽しむ時間が幸せです。”

結婚当時:
日本男性(夫):48歳未婚、大阪在住の公務員。年収600万円
中国女性(妻):34歳未婚、大連在住の元服装店長、三年間研修経験あり。日本語半年勉強。
2018年現在:
結婚四年間経って、娘2歳になったです。男性会員のお母様と一緒に4人生活をしています。

国際結婚ご夫婦B組:

国際結婚夫婦経験談日本男性Bさん(夫)日本男性Bさん(夫):中国人の妻が日本に来た頃、妻と両親の関係を心配していました。両親はうちのすぐ近くに住んでいて、週に二回妻と一緒に会いに行きます。妻はおいしい中国のお菓子や餃子を作ったりします。今は家族の仲がよくて安心しています。妻は妊娠しています。家族で無事な出産を期待しています。私にとって子供の成長を見守るのが幸せではないかと思います。

結婚当時:
日本男性(夫):47歳未婚、埼玉在住のエンジニア。年収550万円
中国女性(妻):33歳未婚、青島在住の元服装店員、三年間研修経験あり。日本語学習時間1年間。
2018年現在:
ご結婚2年目、奥様妊娠5ヶ月間。夫婦2人で暮らしています。

国際結婚ご夫婦C組:

国際結婚夫婦経験談日本男性Cさん(夫)日本男性Cさん(夫):妻が日本に来たときは24歳でした。結婚する前に中国で日本語を半年間しか勉強していなかったんですが、勉強する気持ちが強くて来日してからも近くの教室で一年間勉強しました。結婚して二年後、妻が妊娠すると中国のお母さんが来日しました。あの頃は仕事が忙しくて、家事と妻の面倒は妻のお母さんが見てくれました。かわいい双子が産まれてみんな喜んでいました。身長が158センチの妻が二人の子供を育てるのは大変でしたので、お母さんは子供が三才まで手伝ってくれました。この三年間は本当に力になりました。今は子供が11歳で、私も主任に昇進しました。この生活に満足しています。妻と妻の母に感謝しています。

結婚当時:
日本男性(夫):43歳離婚、子供なし、兵庫県在住の会社員。年収450万円
中国女性(妻):24歳未婚、瀋陽市在住、無職。
2018年現在:
結婚12年目、男の子の双子が生まれて、今11歳になりました。4人家族で幸せな日々をしています。

国際結婚ご夫婦D組:

国際結婚夫婦経験談日本男性Dさん(夫)日本男性Dさん(夫):両親が生きていた頃は寂しいと思ったことはありませんでしたが、その後一人暮らしに寂しさを感じるようになりました。62歳だった私は結婚したことがありませんでした。32歳の中国人の妻とはお見合いで知り合いました。当時は年齢差で自信がありませんでした。定年後、東京で不動産を買って借金を抱えています。家賃収入はほとんど銀行の借金返済につかっていることを妻に話しました。妻は「大丈夫、お金がなければ働きます」と言ってくれました。若くてきれいな妻と一緒に暮らせて毎日が幸せです。6年前、当時7歳だった娘が来日しました。妻は老人ホームで働いています。残業のときは私が娘の面倒を見ます。娘は私と一緒にアニメを見るのが好きです。毎日笑いながら楽しい日々を送っています。妻の美味しい中華料理を食べて20キロ太りました。服には妻がちゃんとアイロンをかけてくれます。これも私にとって幸せです。

結婚当時:
日本男性(夫):62歳未婚、東京在住の不動産経営者。年収450万円
中国女性(妻):32歳離婚、連れ子は5歳の女の子。会社員、日本語初級レベル。
2018年現在:
夫婦になって8年目になりました。お娘さん、ご夫婦の三人生活です。2018年奥様は福祉老人ホームの正社員になりました。

二、どんな中国人女性と結婚すれば幸せになりますか?

1.恋をする前にお互いの文化を勉強し、お互いを理解しあう

入会した初期に、国際結婚をしようとする二人はテレビ電話で連絡すれば知り合えます。
その後中国でお見合いをすればお互いのことが大体わかります。

国際結婚の交際中は簡単に会うことはできませんが、インターネットと交通手段が発達しているので、お互いを知り合うのも難しいことではありません。

国際結婚を選んだ人は恋愛中に相手を知るだけでなく、相手の国の文化も知る必要があります。
また、恋をして自分のこともわかります。恋は広い視野から問題の分析を勉強する必要もあります。潜在意識と恋愛中の行為から性格がわかります。

まずは自分の性格を知ってから相手と付き合いましょう。

2.二人のコミュニケーションを円滑にし、お互いを尊敬し合う。信頼関係を築き、感謝の気持ちを抱く。

これについて、国際結婚している男性会員様はそれぞれの考え方があります。
美しい物や人はだれでも好きです。若くてきれいな中国人女性と結婚するのはみんなの願いでしょう。

でも、この世に完璧な人はいません。顔とスタイルだけで妻を選ぶよりも、道徳観があって結婚して早く日本の生活に慣れ、夫婦で問題を解決できる人のほうが良いのではありませんか。

夫が悩んでいる時も中国人女性の優しさで励ましたりします。
二人で努力し、感謝の気持ちを伝えることが幸せな家庭です。

3.国際結婚の夫婦円満の秘訣と良い妻の特徴

コミュニケーションできる中国女性と交流し、信頼関係を築くこと

結婚後の子供の出産は楽しみです。しかし、日常生活でも些細な事で不満が生じます。

妻は子育て、夫は仕事。二人とも大変な毎日を過ごしています。
そんな時、日本語の会話力と優しい心を持つ妻がいれば、夫婦間のコミュニケーションが円滑にし、日常生活の不満が解消されます。

また、コミュニケーションはお互いの信頼関係を築くことに大切な役割を果たします。

素養がある中国女性と共感すること

国際結婚は異なる国と文化で成長した二人が一緒に家庭を築いたが、
夫婦関係を維持するのは難しいことではありません。

夫婦生活で二人が同じ趣味で楽しめれば夫婦関係もうまくいけますし、
趣味が違ったり年齢差のある夫婦でも信頼関係を築くことも良くあります。

重要なのはその中国人女性の素養はどのくらいあるかです。
夫が悩んでいる時は励まして二人で解決すれば、どんなことがあっても大丈夫です。

料理や家事、子育てや親孝行ができる中国女性

家庭の責任は夫婦で担わなければなりません。
良い妻として、子育てしたり(中国の家族も子育てを手伝います)、おいしい料理を作ったり、親の面倒を見たりして、夫が落ち着く家庭環境を作っています。

家庭に貢献する妻は上品な奥さんと言われます。

三、国際結婚相談所として、当社の責任

弊社は国際結婚の相談所で社会的責任を担っています。
「出会い、信頼、恋、結婚」の流れで多くの会員の方が楽しい結婚生活を送っています。
私たちは会員様の幸せを図るため、日々尽くしています。多くの会員様と深い友情を築いたことが、私たちの幸せです。

現在、日本の国際結婚業界には20年以上務めている先輩たちがいます。弊社はまだまだ未熟で先輩たちにいろいろと尋ねる必要があります。社会や会員の皆様の幸せのためにも勉強する必要があります。

「独身の日本人男性と中国人女性のための交際相談所を作る」を目標に、国際結婚でより多くの人が幸せな日々を送るのが私たちの願いです。

大連日中国際結婚交流会

国際結婚夫婦にとって「幸せ」とは